読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うまるちゃんの切ないバックグラウンド考察

うまるちゃん、基本はかわいく楽しい日常系なんですが、バックグラウンドの存在により全てのシーンすべてが、なんか切ないかんじがします。

 

とりあえず原作ではなくアニメ1期のみからの考察です。

 

バックグランドになりそうな要素をとりあえず並べます。基本はたまに出てくる回想シーンから。

・うまるとタイヘイはおそらく10才差(タイヘイは10年前高校生→現在25〜27才。うまるは高校生)

・うまるはピアノができたり金持ちマナーは習得していたり、ハイソな教養がある

・うまるは勉強ができる。タイヘイもできる。うまるはタイヘイに勉強を教わることがある

・うまるとタイヘイは以前はいいマンションに住んでた

・そのマンションではうまるは基本ひとりで放置されて遊んでいた

・二人の苗字は土間で、同名の土間コーポレーションという大企業がある

・二人のお母さんは、タイヘイのことをタイヘイくんと呼ぶ。タイヘイをお母さんと呼ぶ。

・お母さんはうまると瓜二つ

・タイヘイにうまる母の記憶はほとんどない

・うまるの干妹的な素養はタイヘイと暮らすようになってからで、来た当初はおとなしい女の子

・うまるとタイヘイはあまり似ていない

・タイヘイのうまるへの甘さは異常

 

 

この辺の情報から、下記の推測が立ちます

 

・土間家は土間コーポレーションの創業家系。幼少期の裕福な描写から。また、うまるとタイヘイの地頭のよさ、能力の高さは血統によるもの。

・うまるとタイヘイは腹違い。うまる母の「タイヘイくん」呼びから。

・土間父の妻1の子供がタイヘイで、妻2の子供がうまる

・タイヘイの回想に出てきたお母さんは妻2

・タイヘイが幼少時に妻2は何らかの理由でいなくなった。(記憶のうすさから)

・土間父、タイヘイ、うまるで暮らしていた時期がある。土間父は仕事が忙しいので家にはあまりいなかった

・タイヘイが大学もしくは社会人になった時点から一人暮らしの時期があるので、土間父とうまるの二人暮らしの時期もあった。

・現状のタイヘイうまるには親からの生活支援はない。アパートぐらしの描写から。

 

 

さらに深めると、以下の様な切ないバックグラウンドが想像されます。

 

・うまる母はうまるが生まれた直後に失踪もしくは死亡。おそらく出産と同時に死亡。(タイヘイの記憶のうすさとうまるタイヘイの年齢差を両立させるには、10才はギリギリのため)

・土間父については2案。1案は、タイヘイを勘当したというもの。経済的な孤立から。2案目は、会社から追い出された末の死亡。普通に死んだだけなら遺産でもうすこし二人に裕福な暮らしができるはずなので。

 

 

日常系ではこういうバックグラウンドを描くかどうかは大きな分岐で、みなみけよつばとは描かない手法、琴浦さんは描く手法といえます。

 

 

どうなんでしょうね。

どうあれ楽しめるよいアニメなので、二期が楽しみです。