読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆゆ式の宇宙

皆さんご存知ゆゆ式


「ゆゆ式」OP せーのっ!(オープニングテーマ)

 

3人女子をあつめると宇宙が生まれるので基本的によいのですが、ゆゆ式のよさは、3人の一種の緊張関係です。

 

3人の関係はざっくりいうと

・唯と縁は幼なじみ

・柚子は中学からの友達

 

ただただ仲良しな3人とも見えるのですが、幼なじみの二人を柚子が微妙に嫉妬したり、縁と柚子のノリに唯がついていけないといった描写などなど諸々の要素から、3人のつながり方を以下のように言えると思っています。

 

・柚子はおもしろいから2人に存在を認められている

・唯と縁は互いに家族のような存在

 

難しい言葉にすると以下のようにいえます。

・柚子は能力主義の象徴

・唯と縁は愛の象徴

 

唯と縁はお互いに何かを交換することをしなくともお互いを認め合い、一緒にいることができます。無条件なつながりです。

柚子はそのおもしろさを提供することで存在を認めらています。おもしろさと、二人と一緒にいる権利を交換しているわけです。

アニメからも読み取れるように唯と縁の絆は深いです。ここは縁も安心しており、元来の性格はもちろんなのですが、唯の存在により常にぽわ〜っとマイペースでいられます。

この深い絆に混ざる(ただ一緒にいるのではなく、2人に違和感をもたれず、一緒にいたいと思わせるレベルで交わる)には、生半可だとはじかれるでしょう。柚子はその点、めっちゃうまくやっていますし、二人からいやがられることはありません。

ただし、柚子はおもしろくなくなったり、なんか違うな、となった瞬間存在価値がなくります。

 

ここにうまれる一種の緊張感が、ゆゆ式の魅力です。

会話にネタ的な要素を含むのは、柚子が存在を認められ続けるために提供しているおもしろさなので、そう見るとただのネタ会話とは違った見え方ができます。

 

柚子は勉強ができる=地頭がよい、頭の回転が速いキャラにしているのは納得感があっていいですね。

 

書いてみるとなんでもないことなんですが、なんかすっきりしました。

柚子がんばれ!